ジャズ

ジャズとは

時にはやさしく、時には激しく。ジャズには様々な魅力があります。

落ち着いたムードの中でスタンダードナンバーを中心にあなたの大切なひとときを演出致します。

ピアノ&ウッドベース

ジャズトリオ

高村 緑(Vocal):Midori Takamura

神奈川の米軍基地にほど近いところに生まれた緑は5歳からピアノの手ほどきを受けるとともに、幼い頃から父親が愛聴したグレン・ミラーなどに親しんで育った。実際にジャズを唄い始めたのは、22歳の頃と意外なほど遅かったが、1988年には浅草ジャズコンテストにて金賞を得る。その後1990年にNew Orleansへ渡り、Loyola大学で英語を学ぶうちに米国内だけでなく世界を舞台に活躍するトランペッターJamil Sharifと出会いFrench Quarter中心部にあるMaison Bourbonで唄う機会を与えられる。

翌年帰国後、東京、横浜を中心にパフォーマンスを展開し、1998年にはファーストコンサートを成功させ、2001年にはJamil Sharifのプロデュース&New Orleansミュージシャン達のサポートで米国UMDAH MUSICよりファーストアルバムShineをリリース。New Orleansのラジオ局WWOZや国内FM各局、ケーブルTVなどへ出演、オンエアされる。

2003年より米国長寿番組Don Ho Showのミュージックディレクター&ピアニストを長年に渡り勤め、またABC放送では、Tony Bennett, Anita O’day等、一流ミュージシャン達をサポートしてきたピアニストJohnny Toddと数多く共演し、その歌唱力に尚一層の円熟味を増してゆく。技術のみでなく、New Orleansで培われた緑の『音楽は聞く人の為のもの』というエンターティナー精神は観客を常に魅了する。同年、池上本門寺にてコンサートを開き新たなファン層を獲得する。

2005年1月再びNew OrleansのDrummer-Bob FrenchがDJを勤めるWWOZの番組に出演しインタヴューを受ける。

2006年8月Johnny Toddとの共演コンサートで歌い続けてきたバラード曲を集めたアルバムMona Lisaをリリース。 アルバムタイトル曲であるMona Lisaは日本語&英語で吹き込まれ、高村の「聞く人の為、日本の皆さまへ」という思いの込められた作品となった。
近年は自らのコンサートを中心に、トラッドジャズからモダンジャズまでと守備範囲の広い高村緑は全国各ショウ&コンサートにゲスト出演し、華のあるステージパフォーマンスは高評を得ている。

海老原 淳子(Vocal):Junko Ebihara

6月9日生まれ。双子座。A型。
栃木県足利市出身。
日本大学文理学部英文学科卒業。
4歳からオルガンを習い始め12歳でビクトロンコンクールジュニア部門全国大会で優勝。この頃から早くもデモンストレーション演奏を行う。中学時代はコーラス部に属しながらフォークバンドでギターを、高校時代は演劇部に属するかたわらロックバンドでキーボードやコーラスを担当する。

大学入学後、アニタ・オデイを聴いてジャズに目覚め、その後、デキシーランドジャズのピアニストとしてデビュー。この頃、花岡詠二(cl)氏に見出され、以前から好きだった唄を本格的に始める。故薗田憲一(tb)とデキシーキングス、花岡詠ニ(cl)とスイング四重奏団、中川喜弘(tp)とデキシーデックスなどベテラン陣との共演を重ねると同時に、都内を中心に弾き語りを始め自分のスタイルを築いていく。同時に作曲や編曲にも力を入れ始め作編曲家である故宮川泰氏にも持ち前のガッツを認められる。

1990年単身ニューヨークに渡り、ルー・ドナルドソン(as)やハーマン・フォスター(p)らと共演しマンハッタン各地で好評を得る。帰国後も主に都内のホテルのラウンジやライブハウスなどを中心に積極的に活動。
小柄な身体から発するパワフルでパンチの効いた歌声、多くの人の心を捕らえてやまない個性的なハスキーヴォイス、その歌い口や歌いまわし、ジャジーでポップかつファンキーなピアノにも定評がある。そしてジャンルを超えて歌いこなすその歌唱力、幅広いレパートリィー、歌のみならずオチャメでジョークの効いた話術などに魅了されているファンも多い。作詞や訳詞,作編曲もこなしている。

2005年9月、SOHOにある『The Studio』にて、世界的にも著名なジャズギタリストであり音楽プロデューサーでもある増尾好秋(g)氏のプロデュースで初のレコーディング。メンバーは Sonny Rollins のバンドに約10年在籍した事や Liza Minnelli のサポートミュージシャンとしても有名な、Mark Soskin (p/key)、David Liebman Group の現在のメンバーであるリズムセクションの Tony Marino (b)、Marko Marcinko (ds) の2人、ゲストに中村誠一氏(ts)、と豪華メンバーで初のリーダアルバム“Without You”(Sunshine Ave. Label ¥2000)をレコーディング。プロデューサーである増尾好秋(g)氏の『Sunshine Ave. Label』より2008年5月にリリース。レコーディングが縁となり増尾好秋(g)氏の帰国時に共演を重ねる。

2010年で歌手生活25周年を迎えるにあたり、故郷の栃木県足利市を中心に栃木県内外の福祉施設への慰問演奏や小中学校でのコンサートや地域のイヴェントに協力。併せて25箇所を訪問し演奏してきた。この活動はライフワークとして健康である限り継続していきたいと考えている。

2011年3月 2nd CD“I Wish~私の願い”(Sunshine Ave. Label¥2000)を発表。
東日本大震災の影響で春から秋に延期にはなったが、2011年9月19日(祝・月)には足利市民プラザの826人収容の文化ホールで25周年記念コンサートを催す。メンバーはCDのプロデューサーでもある増尾好秋 (g)、羽仁知治(p/key)、グレッグ・リー(eb)、高橋幹夫(ds)と豪華。

試聴する

今田あきら(Piano):Akira Imada

ジョージ川口、渡辺香津美、本多俊之、Paul Jackson等の共演でメキメキ売り出している実力派ピアニスト。作曲家としても評価は高く、映画やTVの主題歌、挿入歌、ラジオやデパートのBGMなどに多くの作品を提供。「男はつらいよ」シリーズ第48作『寅次郎紅の花』挿入歌、「ねるとん紅鯨団」オープニングテーマ曲。

ジャズについて

クラッシックやロック、ポップスと並んで、独立した世界を確立しているのがジャズ。ピアノでのジャズ演奏はスタイリッシュで品のある空間を演出します。落ち着いたムードの中でスタンダードナンバーを中心に大切なひとときを演出します。

ジャズピアノソロピアノ
ジャズデュオ
(二重奏)
ピアノ+ウッドベース、ピアノ+サックス、ピアノ+ボーカル、ピアノ+クラリネット など
ジャズトリオ
(三重奏)
ピアノ+ウッドベース+サックス、ピアノ+ウッドベース+ドラムス、ピアノ+ウッドベース+ボーカル、ピアノ+ウッドベース+ビブラフォン など
ジャズカルテット
(四重奏)
ピアノ+ウッドベースを基本としてサックス、クラリネット、ボーカル、ドラムス、トランペット、ビブラフォン、フルートなどの楽器を2つ加えてバンド編成